HOME | サイトマップ | 会社案内 |
サービスご案内 | お申し込み | サポート | オンラインマニュアル | お問い合わせ |



CGIプログラムの使い方

CGIは自由に使えるようになっていますが、間違った設置方法やパーミッション設定などでは動作しませんので下記を参照に正しく設定してください。
ファイル拡張子 ***.cgi
パーミッション 755(又は rwxr-xr-x
.htaccess ファイル 不要
※ パーミッションについて、CGI付属の説明書で 777 (rwxrwxrwx)と指定されているものがありますが、弊社のサーバでは suexec という機能により 755 (rwxr-xr-x)の設定で安全にCGIを動作させることができます。
(777の設定はセキュリティ上危険なため、これを回避できるようになっています)

パーミッションはFTPソフトで設定するか、TELNETで接続して chmod コマンドを使って設定してください。(chmodについての詳細

CGIファイルの改行コードはUNIXの形式(LFのみ)になっている必要があります。 WindowsやMacintoshで編集されたファイルはあらかじめ改行コードを変更してから転送するか、 FTPソフトの設定でアスキーモードで転送するようにしてください。
(fetchなどの自動判別は失敗することがあります)

多数のチャットCGIなどを置くにはあまり向いていません。
(禁止ではありませんが BUSY メッセージが比較的多く出るようになることがあります)
フリーソフトのCGIなど、個々のソフトウェアについては製造元へお問い合わせください。
弊社へお問い合わせいただいてもお答え致しかねます。

CGIの作成時には、できるだけプログラムを最適化して、処理が早くなるように作ってください。
極端に動作の重いCGIは動作途中に異常終了を起すことがありますのでご注意ください。


各種コマンドのパス

perl
(バージョン5)
/usr/local/bin/perl
又は /usr/bin/perl
sh /bin/sh
csh /bin/csh
Sendmail /usr/sbin/sendmail
gzip /usr/bin/gzip
nkf /usr/local/bin/nkf
uuencode
uudecode
/usr/bin/uuencode
/usr/bin/uudecode

この他にも多数のコマンドがありますが、コマンドのパスはTELNETで接続し
  which コマンド
と入力すれば自動的に検索され表示されます。


ワンポイント




 || 一つ前のページへ || 
HOME | サービスご案内 | お申し込み | サポート | オンラインマニュアル | お問い合わせ | サイトマップ | 会社案内
(C)Copyright 2002 有限会社ミスティーネット Inc. All Right Reserved□□